東京でSE構法と外断熱で狭小住宅を提案する杉並の工務店

株式会社印南建設

〒167-0054 東京都杉並区松庵3-31-2
TEL 03-3334-8331
HOME | SE構法 | スケルトン&インフィル

スケルトン&インフィルが将来の間取り変更を自由にする

SE構法はその構造的な強みによって、広々とした空間を安全に設計することを可能にします。大空間や吹き抜けなどの開放的な暮らしを実現することができることは言うまでもありませんが、もう一つの大きなメリットが「スケルトン&インフィル」という設計手法を可能にするということです。
「スケルトン&インフィル」とは、建物の構造躯体(スケルトン)と内装部分(インフィル)を別々に考えて設計する手法で、RC造や重量鉄骨造のマンションなどでは一般的になっている設計手法です。
しかし、これまでの木造住宅では耐震性を向上させるために筋交いなどの耐力壁を多く必要とするせいで、間仕切り壁がスケルトンの構造躯体となってしまい、「スケルトン&インフィル」は困難でした。
印南建設では、SE構法の強さを生かすことで、間仕切り壁を「構造躯体」ではなく「内装部分」として計画することを可能にしています。よって、将来的に間取り変更などをする際に大きく自由度が高まるのです。
これは、中古住宅として流通する時大きな強みになります。これも「資産価値の高い木の家」のための大きな要素なのです。

「東京に資産価値のある注文住宅を注文住宅を提案する」という、印南建設の家づくりにご興味いただきましたら、お気軽にお問い合わせください。
コンセプトブックやSE構法テクニカルブックなど、家づくりに参考になる資料をお送りします。

お電話の方は TEL   03-3334-8331