東京でSE構法と外断熱で狭小住宅を提案する杉並の工務店

株式会社印南建設

〒167-0054 東京都杉並区松庵3-31-2
TEL 03-3334-8331
HOME | コンセプト

東京で資産価値の高い木の家

東京都内は建物よりも土地の価格が高く、人気の場所というだけで不動産の取引がされていたという過去がありました。
その結果、建物の品質が低い木造住宅がとても多くて、10年過ぎるとその価値もゼロに等しいというようなケースも多くみられます。
私たち印南建設はこの東京都内において、資産の価値として高く保つことのできる木の家を提案し続けることをコンセプトに家づくりに取り組んでいます。

その資産価値の高い木の家を実現するためには、私たちが考える以下の6つの条件があります。 

① 耐震性能に優れていること
② 耐久性能に優れていること
③ 断熱・省エネ性能に優れていること
④ 将来の間取り変更がしやすいこと
 第三者に認められていること
⑥ デザインレベルが高いこと

① 耐震性能に優れていること

東京では近い将来「直下型地震」いつ来てもおかしくないといわれています。
そういう意味では建物の価値を最も決める部分はこの「耐震性能」であるといっても過言ではありません。
私たちは、「耐震構法SE構法」という、日本の木造住宅の中でも最先端の優れた構造技術を採用することでその耐震性を確保しています。 

② 耐久性能に優れていること

家は完成してから何十年もずっと暮らしていく訳ですから、耐久性が重要になるのは言うまでもありません。
特に、昔に比べて近年の気密性が高くなった木造住宅の場合は、「結露」という問題をしっかりと対応した家づくりをしなければ耐久性は維持できません。

③ 断熱・省エネ性能に優れていること

資源のない日本では、原発問題以降特にエネルギーを使わない暮らしが問われています。もちろん、快適な暮らしのままで省エネの生活ができるためには、その建物の断熱性能を高めた家づくりをすることが求められます。現在は一次エネルギー消費量計算に基づき「認定低炭素住宅」レベルの性能が基準となるでしょう。

④ 将来の間取り変更がしやすいこと

その家を長く使う上で、もう一つ重要なことはライフステージの変化に対応できるかということです。家族が成長する過程ではもちろん、中古住宅で売買する際にも大きく間取り変更が想定されますが、そこで「スケルトン&インフィル」という考え方が重要になります。

⑤ 性能が第三者に認められていること

特に中古住宅市場で取引される際に、その建物性能がどこまで信頼できるものなのかわかりづらいという問題がありましたが、現在は「長期優良住宅」という第三者としてお墨付きのある制度が生まれました。

⑥ デザインレベルが高いこと

いくら性能だけが優れていても、そのデザインレベルが低ければ資産としての価値が向上しないことも事実です。特に、新築の時ではなく、十年・二十年と年月が経た時にも美しいと感じるような「タイムレス」なデザインが重要になります。

「東京に資産価値のある注文住宅を注文住宅を提案する」という、印南建設の家づくりにご興味いただきましたら、お気軽にお問い合わせください。
コンセプトブックやSE構法テクニカルブックなど、家づくりに参考になる資料をお送りします。

お電話の方は TEL   03-3334-8331