東京でSE構法と外断熱で狭小住宅を提案する杉並の工務店

株式会社印南建設

〒167-0054 東京都杉並区松庵3-31-2
TEL 03-3334-8331
HOME | 外断熱工法 | 外断熱工法

断熱性と気密性に優れた外断熱工法

外断熱工法

建物の外側に断熱材で覆う「外断熱工法」

四季の変化が激しい東京都内において、夏涼しく冬暖かい快適な暮らしを実現するには、なんといっても建物の「断熱性能」を高くすることが必要です。
その基準として印南建設では「次世代省エネルギー基準」をクリアした建物を建てることを標準としています。「次世代省エネルギー基準」とは、住宅性能表示では等級4(最高等級)を取得する性能のことで、現在の断熱性能の中では最も高い断熱レベルの基準となっています。現在では義務ではないこの基準ですが、2020年には全ての住宅に義務化される予定です。将来の資産価値が落ちないためにもこれは最低条件として必要なことだと考えています。
そして、印南建設で推奨している大きな特徴が「外断熱工法」です。
「外断熱工法」とは、壁の中に断熱材を充填する「内(充填)断熱工法」とは異なり、建物の外側にすっぽりと断熱材で覆う断熱手法です。建物全体を全て外から断熱することで、断熱・気密性能に優れる建物となります。
そして、壁体内結露にも強い、耐久性にも優れた住宅を実現することが可能となっているのです。

外断熱工法


壁の外側に断熱材をすっぽりと覆う工法。
硬質ウレタンフォームやフェノール樹脂などの熱伝導率の優れた材料を使いケースが多い。
建物の外側がすっぽりと断熱材で覆われるので、断熱材が薄くても建物の断熱性能は高くなる。

充填断熱工法


壁の中の柱と柱の間に断熱材を充填する方法。
グラスウールや現場発泡ウレタン吹付、セルロースなどの断熱材がある。
柱や梁の部分は断熱されないのでその分だけ断熱性能が落ちる可能性があり、その分断熱材の厚さを多くとる必要がある。

「東京に資産価値のある注文住宅を注文住宅を提案する」という、印南建設の家づくりにご興味いただきましたら、お気軽にお問い合わせください。
コンセプトブックやSE構法テクニカルブックなど、家づくりに参考になる資料をお送りします。

お電話の方は TEL   03-3334-8331