東京でSE構法と外断熱で狭小住宅を提案する杉並の工務店

株式会社印南建設

〒167-0054 東京都杉並区松庵3-31-2
TEL 03-3334-8331
HOME | 会社概要

東京都杉並区の工務店 印南建設の会社概要

東京で資産価値の落ちない家を提供したい

 当社は杉並区にあり、施工エリアも東京都内の住宅地を中心に活動しています。この東京という場所は、土地の価格が高いこともあり、地方のような床面積の大きな家が建てられないケースが多く存在します。
その限られた敷地の中でも「できるだけ快適で安心して暮らせる家」を望んでいる方も多いと思います。私たちはそのニーズに応えるべく、大手のハウスメーカーさんでは難しいけれど、自分たちだからこそ可能となるご提案を強みとしています。建築家とのコラボレーションを生かしながら、地域の工務店としての役割を果たしたいと考えています。

そして、土地の価値に比べてまだまだ建物の資産としての価値が確立していなない中、年月を経ても資産価値が維持できる建物を目指しています。「築10年の家は価値がない」といわれるような家ではなく、基本性能に優れていることが第三者的にも認められ、将来の中古住宅で売ったり貸したりする際でも、建物価値が落ちにくい家づくりです。 そのために、必要な耐震や断熱などの基本性能にこだわり、施工品質にこだわっているのです。

代表取締役社長 國分竜也

性能と施工にこだわるのは工務店の義務

印南建設がお客様の家づくりをお手伝いする際に、建築に携わる立場として最もこだわっていることが、「長く」「快適に」「安心して」暮らすことのできる技術の提供です。
そして、それらが単なるイメージではなく、確かな裏付けを持っていることが重要だと考えています。
実際に「耐震性」や「耐久性」、「断熱性」が、明確な裏付けを持ってお客様に提案するべきであると思うのです。特に直下型地震が予測されている東京都内において、「耐震性」を裏付けすることは非常に重要だと考えています。
一般の木造住宅では行っていない「許容応力度構造計算」された「SE構法」を標準採用している理由もそこからきています。断熱気密性能に優れ、結露のしにくい「外断熱工法」をご提案している理由も、同様です。
現場施工においても、下請け任せではなく、自らが現場に入りしっかりと施工を担いながら品質にこだわっていることも、その工務店として「当たり前」と感じるからだと考えているのです。
完成してしまってはわからなくなる部分ですし、言葉で説明するのも難しい部分ではあります。しかし、建築のプロフェッショナルとしての自負と義務感を持ちながら、皆さまに確かな家づくりを目指したいと思っています。
専務取締役 松崎正浩

 社名   株式会社印南建設
 住所  〒167-0054東京都杉並区松庵3-31-2
 TEL    03-3334-8331
 FAX   03-3335-2050
 創業   昭和23年4月
 設立   昭和40年10月
 資本金  4,000万円
 代表取締役  國分 竜也
 建設業登録  建築業許可 (特-28)第55536号
 一級建築士事務所登録    東京都知事登録 第20972号
 事業内容  
 注文住宅の建築&リフォーム
 ハウスメーカーの建築請負
 

印南建設への案内図

JR西荻窪駅から徒歩5分です。